決意

一番大切なものは、
いのちです

長く生きられないと思っていた自分を変えたのは、薬害エイズ裁判の勝利と沢山の方々の支えでした。 薬害、公害、原発事故、根っこは全て同じです。目先の利益の為にいのちを切り捨てる構造を本気で変えなければなりません。 私、川田龍平は「子どもたちに同じ苦しみを味合わせたくない」という思いから、「いのちが最優先される社会の実現」に生涯をかけると決めました。どうか政治をあきらめないで下さい。子どもたちの未来とこの国を守るために、一緒に頑張りましょう!

参議院議員 川田龍平

プロフィール

1995年3月(19歳)

社会の差別や偏見を乗り越え、国と闘う

東京薬害HIV訴訟原告団として活動の傍ら、未成年者として初の日本人HIV感染者として実名を公表。

1995年7月

「人間の鎖」の先頭に立ち厚生省を囲む

いのちを軽視する国への批判に多くの人の関心が集まり、約3500人とともに厚生省を取り囲みアピール。

1996年2月(20歳)

厚生大臣が公式謝罪

日々大きくなる声は国を動かし、菅直人厚生大臣がHIV訴訟の原告や弁護団に対し国の責任を認め謝罪。

1996年3月

東京HIV訴訟で勝利を勝ち取る

厚生省に損害賠償を求める薬害HIV訴訟の和解成立、厚生省の加害責任は否定されるも原告が実質勝訴。

2007年2月(31歳)

世界の中で社会を動かす若いリーダーの一人に選ばれる

裁判後も続けた人権にまつわる活動が認められ、世界経済フォーラム・ヤンググローバルリーダーズに選出。

2007年7月

市川房枝さん以来42年ぶり、無所属当選を果たす

「動けば変わる」をスローガンに、第21回参議院選挙に東京選挙区から無所属で出馬、683,629票を得て当選。

2007年10月

環境委員に就任、初質問で原発の危険を指摘

水銀、アスベスト、放射能などの環境被害問題に取り組む。環境委員会初質疑で地震による原発事故や放射能の危険を指摘。

2009年12月(33歳)

脱官僚に共感し「みんなの党」に入党
念願の厚生労働委員就任

より実りある政治活動のためにみんなの党に入党。薬害をなくす議員立法を提出するための一歩を踏みだす。

2010年8月(34歳)

予算委員会で菅直人総理と国会初対決

かつての厚生大臣と原告が総理大臣と議員という立場で国会の議場に。薬害根絶へのリーダーシップを求める。

2011年5月(35歳)

国連議場でHIV/AIDSへの取り組み強化をアピール

列国議会同盟(IPU)のアドバイザーに就任。世界の国会議員に向けてHIV/AIDS問題への政策を提言。

2012年6月(36歳)

「子ども・被災者支援法」を成立させる

薬害HIV訴訟の経験を踏まえ、放射能による病気か裁判で争わなくても補償される被害者の立場に立った画期的な法律。

2013年2月(37歳)

各党議員に訴え“いのちを守る活動”を推進する

子ども・被災者支援議連を設立し事務局長に就任。さらにライフワークの薬害再発防止に向けた議連も設立。

2013年7月

参議院選挙全国比例区で117,389票を獲得して再選(2期目)

2013年9月

子ども・被災者支援議連の幹事長に就任

2013年12月

特定秘密保護法案に反対しみんなの党を離党、結いの党を結党

2014年9月

結いの党を解党、維新の党を結党、院内総務会長に就任

2016年3月

維新の党を解党し政党無所属のまま、参議院民進党・新緑風会に参加。民進党 ネクスト厚生労働大臣、参議院国民生活・経済に関する調査会長

2017年12月

立憲民主党に入党

 
参議院農林水産委員会委員、東日本大震災復興特別委員会理事、国民生活・経済に関する調査会
岩手医科大学客員教授
長野県松本市エイズ・HIV等性感染症予防啓発推進協議会委員
子供被災者支援法発議者

著書

この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズ (PHP新書)

この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズ

日本中が団結し、政府を動かした薬害エイズ裁判からもうすぐ20年。当時初めて実名を公表し、原告として闘い、社会を変えるには政治しかない、と国政の場に立った。しかし東日本大震災後にみたのはあのときから何も変わらぬこの国の姿だった-。

放射能の被害から子どもを救うため、必死の思いで成立させた「子ども・被災者支援法」に、なぜ国は1円も予算をつけないのか。そこには、利益のためにいのちがやすやすと切り捨てられるカラクリがある。

「時代は変わるのではなく、変える」。日本の未来を担う「子ども」を守り抜くために、いますぐ私たちができること。

著者:川田龍平
PHP新書
定価:800円+税

医療格差

医療格差

薬害被害者でもある著者が、格差が広がる日本の医療の欠陥と問題点を浮き彫りにしながら、厚生労働委員会委員も務める国会議員の立場から、医療再生に必要な対策を緊急提言する。

川田龍平 著
角川SSC新書
定価:760円+税

都市と地方の医療格差、薬害問題、難病・希少疾患対策、障害者支援、さらに深刻化する医師不足など、日本の医療はまさに崖っぷちの状態が続いている。問題が山積していながら、なぜ日本の医療は一向に改善されないのか。喫緊の課題を浮き彫りにしながら、「いのちが最優先される社会」の実現を生涯かけて目指している著者が、医療再生に必要な対策を緊急提言する。

誰も書けなかった国会議員の話

誰も書けなかった国会議員の話

国会議員になって2年あまり。
その中で感じた
「議員ムラ永田町」の実態をレポート。

PHP研究所
著者:川田龍平
2009年12月
定価:720円+税

十九歳のとき、薬害エイズ訴訟の原告として注目を浴びた青年は、いま国会議員として何を目指しているのか。

十五年前に感じた政治不信の根源を絶つべく、永田町に身を置き奔走する日々を率直に綴る。

なぜ国は動かないのか。
市民のいのちや暮らしを守るための法律成立を阻むものの正体とは。
少数派の声にも耳を傾け、与党・民主党にも迎合しない姿勢を貫く。

政権交代が実現させたいま、
「政治は自分たちで変えることができる、という自信を一時の夢で終わらせないで下さい」と有権者たちに呼びかける。
そのためにも、政治から目を離さないことが肝要である。

さらに、議員ムラ永田町の実態をレポート。
「居眠り議員はなぜ多い?」「法案の中身も知らずに投票?」「野次がうまい議員は?」をはじめ、国会食堂、無料パス、給料のウソ・ホントなど内輪話も興味深い。

また、自身の生い立ちから結婚までのエピソードも披露。政治家と有権者の距離がぐっと近くなる好著である。

日本に生きるということ―薬害エイズ被害者が光を見つけるまで

日本に生きるということ―薬害エイズ被害者が光を見つけるまで

HIV感染告知、両親の離婚、国との闘い、死がすぐそこにあった20年…。最後に見つけたものは勇気と希望。

講談社
著者:川田龍平
2007年6月
定価:¥ 1,365 +税

薬害エイズ被害者として生きた20年の苦悩薬害エイズに襲われたあと、死に直面しながら懸命に生きた家族の記録。裁判を契機に離れていった父など、バラバラになった家族が恢復していく感動のストーリー!

川田龍平 いのちを語る

川田龍平 いのちを語る

実名を公表し、たたかった薬害エイズ裁判から12年。新しい龍平がここから始まる。環境と平和をつなぐ「いのち」。

明石書店
著者:川田龍平
2007年5月
定価:1,400円+税

実名を公表し闘った薬害エイズ裁判から12年
新しい龍平がここからはじまる

1章 絶望でなく、希望をーあきらめないで生きたい
2章 いのちを伝えるー子どもたちに語る
3章 薬害エイズのたたかいを政治につなぐー31歳の決意
4章 環境と平和をつなぐーキーワードは「いのち」
5章 地球のいのちー龍平、アフリカに行く

[著書掲載記事(川田龍平の動きブログ)](http://ryuheikawada.seesaa.net/article/41364712.html)