川田龍平といのちを守る会

参議院議員川田龍平の目指すものは
「いのちが最優先される社会」です。

川田龍平とともに「いのちが最優先される社会」を実現するための後援会です。ぜひ、お仲間になってください。


東北地方太平洋沖地震において、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。また被災された方々へのお見舞いとともに、災害対策に全力を尽くしている皆様の努力に深い感謝を申し上げます。

参議院議員・川田龍平は震災が起きてから、被災地において何より重要なのは医療問題だと考え、医療情報や医薬物資供給の速やかな手配を内閣府および関係省庁との連携を取って取り組んでいます。

今回の未曾有の災害は復旧・復興に長い年月が予想され、被災した方々が元の生活に戻るまで適切な支援をしていかなくてはいけません。

川田龍平は、政官民癒着により10歳でHIVに感染し、薬害エイズ裁判をきっかけに、「二度と薬害を繰り返さない医療行政を作ろう」という強い思いで政治の世界に入りました。無所属の時も、またみんなの党に入党し厚生労働委員会に所属してからも「いのちが最優先される社会」の実現に動いてまいりました。

自分が味わった苦しみを二度と子供たちに味あわせたくない。水俣、薬害エイズの時のような、国によるいのちの切り捨てを絶対に許してはならないのです。そのためには国のあり方を、しくみを、「いのちを大切にするもの」に変えなければなりません。世界一といわれる日本の医療制度を、もう一度胸を張って誇れるものにしたい。そんな思いをこめて「川田龍平といのちを守る会」を立ち上げました。

川田龍平は「いのちが最優先される社会」の実現のために毎日奮闘しておりますが、そのためにはもっと多くのみなさまの声やお力が必要です。ともに考え、動き、そのつながりを国会に届けることで必ず社会を動かします。

「川田龍平といのちを守る会」へのご参加を、心よりお待ちしています。


川田龍平といのちを守る会

  • 〔年会費〕 一般会員 3,000円、賛助会員 12,000円
  • 〔寄 付〕 寄付金控除が適用されます。

川田龍平といのちを守る会にご入会いただくには

以下のリンク先、「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。 後日、担当者よりご連絡させていただきます。